虫(小バエ)はもう怖くない!生ゴミを保管する超簡単な裏技!


一人暮らしとかだとありがちだと思うのですが、ゴミが言うほど溜まらなくて1,2週間くらいゴミを出さなくてもなんとかなったりします。ゴミを捨てるタイミングを逸していると、ゴミはゴミ箱の中にその期間中、放置されたままになります。その場合、生ゴミが大問題となります。特に夏場!何が起こるかというと……

臭いが大変なことになります!

さらに、環境によっては、小バエを中心とした虫がたかるという状況にもなってしまいます。

私は一人暮らしを始めたばかりの頃、この問題にかなり悩まされました。捨てるほどたまらないゴミ、そのため捨てられずゴミ箱に溜め込まれた生ゴミ、住んでいる場所がいかにも虫が多そうで1階という状況、臭い+虫のコンボが夏場は襲い掛かっていました。

そんな中、試行錯誤で生ゴミの保管方法を見出せました!それを紹介したいと思います。

よくある対処方法

密閉されたゴミ箱を使う

パッキンが内側についているゴミ箱があります。正直さきほどゴミ箱を検索してみて「こんなのあったのか……」と思っています。

いえ、このような臭わない系のゴミ箱にも弱点はあります!ゴミを捨てるためには蓋を開けます。そうすると、そのタイミングで臭いは出てくるはずです。使ったことが無いのでわかりませんが、きっとそうではないかと思います。

また、パッキンが無く密閉されないゴミ箱であれば言わずもがな、隙間から臭いが溢れたり、虫が入ったりします。

虫除け剤

臭い対策にはなりませんが、虫対策という意味でこういうものがあります。

しかし、定期的に買って設置しなおさないといけないというわずらわしさがあります。できればそういう手間は省きたいですよね。

必殺の裏技!

冷凍庫に保管する!

ゴミも冷凍してしまえば臭いも何もありません!冷凍庫は冷蔵庫を買えばだいたいついており、定期的に取り替える等も必要ありません!あるのは生理的に受け入れられるかどうかです。

具体的な方法ですが、調理時にでた生ゴミを袋に詰めます。口を結んで冷凍庫に保管。ゴミを出すタイミングで取り出し、ゴミとして出します。

私はもう何年もこの方法を行っていますが、いまのところ不都合を感じたことはありません。普段氷とかを冷凍庫で作っておらず、生ゴミ以外を冷凍庫に入れていないのでこんなことができているのかもしれません。

何かモノを入れていても仕切り等で部屋を作って隔離すれば問題なさそうな気はします。

もし生理的に問題ないのであれば試してみて下さい。

※私の捨てた生ゴミの範囲内での実証結果ですので、冷凍に適さないものもあるかもしれません。実施の際には自己責任でお願い致します。