急いでいるときにフローリングの床に牛乳をこぼした時には、この方法がおすすめです!


牛乳をこぼした事ってありますか?それも一度に大量に。

私は、あるんです。その日、お客様が来るので急いで朝ごはんを食べなくてはと慌てていました。いつもならトーストなどを食べるのですが、急いでいたのでコーンフレークで良いやと思って、冷蔵庫から牛乳を出したんです。

ですが、横着な私は片手でお皿を持って、片手で牛乳を入れようとしたんです。その時です。思いっきりやってしまいました。牛乳を全てこぼしてしまったんです。フローリングの床だから良かったのですが、どんどん広がっていく白い液体に、一瞬思考がフリーズ状態になってしまいました。

お客様が来るまで後、30分もないんです。私はどうしたら良いのか分からず、取りあえずティッシュペーパーを置くのですが、なんにもなりません。

雑巾やモップとも思いましたが、かなり時間がかかると思いました。せめて液体だけでもどうにかしなくてはと、私はかなり焦りました。

解決方法

床にはいまだに牛乳が広がっているし、お客様が来る時間はせまっているし、私は何をどうすれば良いのか全く分かりませんでした。

泣きそうになっていた時に、ふと思い出しました。そういえば、油をこぼした時って、小麦粉を振りかけると良いんですよ。小麦粉が油を吸い込んでくれるので、片付けがとても楽なんですよ。もしかしたら、牛乳も同じではないかと思いました。

私は冷蔵庫を開けて小麦粉を探しましたが、こんな時に限ってないんです。あるのはパン粉だけ。パン粉だけ?

私はとにかく無我夢中でパン粉を床にばらまきました。思った通り、みるみる内にパン粉に牛乳が吸われていきます。そして、かなり吸い込んだパン粉を片付けました。そして、残った牛乳も拭き取って掃除は完成しました。床は元通りのピカピカに戻りました。

注意点

この掃除の方法の注意点は、確かに床に広がった牛乳は、パン粉に吸い込まれます。ですが、パン粉の量が多くないと牛乳は完全に吸い込まれないという事です。たまたまパン粉がたくさんあったので良かったんですが、パン粉の量が少なかったら成功したとは思えません。そして、液体は綺麗に掃除が出来ても、臭いまでは取れないという事でした。牛乳独特の臭いは結局取れなくて、お客様が来た時にはかなり気まずいムードになってしまいました。

この方法を成功させるには、牛乳に見あっただけのパン粉の量があるという事と、出来るだけ素早く掃除をすませる事が出来て、なおかつその後でフローリング用の洗剤で拭かないといけないという事でした。見た目だけはかなり綺麗になったのですが、やはり臭いと少しヌメリ感は残ってしまいました。

急いでいる人の為に

この方法は、確かに完璧とは言えませんが、急いでいる時には良い方法だと思います。まずはこぼれた液体をどうにかしないといけないので、パン粉に吸わせれば時間の短縮にはなります。

時間がないという場合の緊急手段としては、この方法はとてもおすすめです。