【必見掃除テクニック】隙間や狭い場所のホコリも簡単にとれて、子供も楽しく手伝ってくれるある方法とは?


みなさんは、タンスの隙間や、窓のサッシ、レールの汚れ、洗面所の隙間など、狭い場所の汚れやホコリ、どのように掃除されていますか?

家具を動かしたりは、なかなかできないですよね。ホコリがたまっていても、ついついそのまま、何となく拭いて終わり、なんて事はないでしょうか?

そんな時に、ぜひおススメしたい方法があります。お子さんにも手伝ってもらえる良い方法があるのです!

ホコリ取り棒を作ろう!

小さくて着られなくなったお子さんの洋服や、旦那さんや、ご自身の洋服もありますよね?

綺麗なものだったら、リサイクルや、ネットで売ったりもできますが、黄ばんでしまったり、汚れが酷いものは、捨てるしかないです。。そんな洋服が、大活躍できます!

どうするかというと……

使わなくなった歯ブラシや、使用した割り箸、古くなった菜箸などに、洋服を適度な大きさに切って、巻き付けて、輪ゴムで留めます。これで、簡単お掃除、「ホコリ取り棒」の出来上がりです!ゴムで留めているだけなので、付け替えも簡単にできます。

このホコリ取り棒、巻き付ける布の量により、ヘッド部分の大きさが変えられるので、凄く狭い隙間には、細く巻いて使い、もう少し広い隙間には量を多く巻いて、ヘッドを大きくして使います。ホコリや髪の毛も取れるので、凄く便利ですよ。

どんな掃除に使えるかの実例!

窓のサッシやレール部分のお掃除って大変ですよね。雨風の強い時は汚れるし、土埃も溜まりがちです。そんな時にも、このホコリ取り棒が大活躍で、狭いレール、サッシ部分もラクラク、お掃除できちゃいます!

さらに、みなさん、お風呂場の電気の上のお掃除、お子さんの勉強机の電気のお掃除、どうされていますか?

電気の上って、汚れるんですよね。ホコリだけでなく、小さい虫が死んでいたり、普段なかなかできないので、余計に汚れが気になる場所です。

そんな場所にも、このホコリ取り棒がおススメです。スッとスライドさせるだけで、一気に綺麗になりますよ。

洗面所や、トイレなどの水まわりも、手が届きにくい場所にも便利なので、ぜひ使っていただきたいです。

おすすめのポイントはこの2点!

この「ホコリ取り棒」を使った方法には、あるおススメできるポイントがあるんです。

1.洋服の素材を活かせる

洋服の素材って、色々ありますよね。冬場になると、フリース素材の洋服が増えると思うのですが、フリース素材は傷みやすく、すぐ毛玉になってしまいます。でも、この毛玉だらけで着れなくなったフリース素材が良いんです。フリース素材なので、ホコリや髪の毛をうまく巻き付けて、くっついて、綺麗にしてくれるんです。とてもおススメですよ。

2.家族みんなで掃除ができる!

そして、1番おススメしたい事が、このお掃除は、家族みんなでできる事だと思っています。

子供が掃除をしない、旦那さんが掃除を手伝ってくれない、そんなお悩みをお持ちのあなたにおススメしたいです。テレビを見ながらだって出来ますし、音楽を聴きながらだって大丈夫です。

お掃除は、1人でやるのは大変ですし、綺麗になっていく様子を感じられる人がいてくれたら、嬉しいですよね。

さいごに

手軽に、簡単に、無駄がない、このホコリ取り棒で、是非楽しくお掃除してみませんか?