アイドルに認知してもらう極意を紹介!


アイドルに認知してもらえるととても嬉しいですよね。

では、アイドルに認知してもらうにはどうしたらよいでしょうか?私がよく見かけたものを紹介します。

そもそも認知されるとは?

その言葉の通り、アイドルに顔や名前を覚えてもらうことです。

握手会なんか話をする際に、「おー、○○さん、いつもありがとうございます」と言ってもらえることで、存在を認識してもらっていることがわかります。

認知されると何がいいのか?

人は特別扱いされると優越感を得られます。

普段、アイドルは不特定多数に対してパフォーマンスを行っていますが、そんな不特定多数とは違い、自分は覚えられているんだ、と心の高まりを得られます。

この効果は想像しているよりも絶大で、握手会とかの会話で認知されていることを認識したときの高揚感は例えられるものがないくらいです。

そして、認知後の握手会などでの対応では、一歩踏み込んだ会話ができたり、ライブ中に視線があったりすると、それは不特定多数としての自分に向けられているというよりは、自分を知っているけど視線を向けてくれた!と特別な感じを得られます。(実際どういう意図で視線をくれたかは知りませんが笑)

認知されるには?

それでは、具体的に認知されるにはどうしたらよいかについて書きます。

そもそも人は人を覚える

良く行くコンビニやスーパーの店員さんを自然と覚えてしまった経験はあるのではないでしょうか?

それと同じで、会う回数が多くなれば自然と覚えるものです。つまり、回数会うことが認知されるための一番の秘訣となります。

ライブに参加するくらいではなかなか厳しいかもしれません。やっぱり握手会に参加する回数を重ねて、実際に会話するくらいはしないといけません。

……とはいえ、実はこれはそのアイドルの規模によって認知される難易度は大きく変わります。ファンが50人くらいであれば簡単に覚えられるのに対して、1000人くらいになるとなかなか難しいです。

基本的に私はそういう場合は、認知に拘らないですが、認知はして貰えなくはないのでその方法を書きます。

握手会をループする

これがもっとも近道です。上でも書きましたが、接触頻度が高ければ普通に覚えられます。

1回の握手会で、10回くらい握手しに来られるとさすがに覚えます。「え、また来たの!?」って普通はなります。

特徴的な服装をする

いわゆる「○○の人」という覚えられ方をするケースです。

特に服装でなくてもいいですし、毎回特徴的な封筒の手紙を渡しているとかでもいいと思います。

毎回、ブログコメントやTwitterリプで名前を覚えてもらう

その後握手会か何かで、そのまま名前を打ち明けてもいいですし、そのきっかけがなければ差出人を記名した手紙を渡すなどして伝えます。

これだと、名前は覚えてもらえるかもしれませんが、顔までは覚えられないかもしれないので、やっぱり握手会ループの方がいいかと思います。

さいごに

色々書きましたが、実際のところ、認知されようとして頑張るのは、手段と目的を履き違えている感が否めません。普通に応援していたら結果として覚えられた、というのがしっくりきます。

実際、私は特別なことをしなくとも、毎回そのグループのイベントに行って、一通りの特典会に参加(特にループとかせず)していたら、普通に覚えられていた、というケースがほとんどです。

純粋に応援し、イベントに参加し続けることが一番の秘訣だと思います。