毎日忙しい!そんなあなたにお料理短縮方法!強い味方の電子レンジ活用法を紹介!


毎日毎日、人には必ずしなければらない事があります。食事です。

食べるのは一瞬と言ってもいい程早いのに、作るのには時間がとてもかかってしまいますよね。今は、お店でも美味しく栄養を考えられたご飯が売られていますが、毎日の事です。

お金がいくらあっても足りませんよね。

作っていれば2日に分けて食べる事も出来ます。出来る事ならば、ぱぱっと美味しいものを作りたい!24時間しかない1日を有意義に使いたい!
そんな全ての方へお勧めさせて頂きたいです。

料理の時間短縮の解決方法について

それは、皆さん使われる機会が多いと思います。

電子レンジです。

いつもは、前の日の作り置きのお料理が冷えてしまったのを温めなおしたりなど、まさに文明の機器です。今回は、電子レンジに少し時間短縮のお手伝いをして頂こうと思うのです。

お料理の時に確かに下ごしらえにも時間をとられてしまいます。お野菜の皮をむく時にも何個も何個も同じ作業の繰り返し。玉ねぎに至っても涙が止まりません。

ですが、それ以上に時間がかかってしまうのがお野菜に火を通す事です。何回、お鍋の前で思ったことでしょうか。ぐつぐつ煮えるお野菜を見ながらこの煮える事を待っている時間がなんて無駄なのだろうかと。

この時間をもう少しやりくりできれば、温かいお布団であと5分は眠る事が出来たのではないかと。

その時に私は思いつきました。

電子レンジであらかじめお野菜に火を通しておいてもうお鍋に入れてしまえば、火がスッと通ってくれるし食べる時にもいつもよりもホクホクになって食べる事が出来ます。

ここだけは好き嫌いが分かれる注意点

ただ、そのお野菜から出た汁も一緒にお鍋の中に入れてしまうと少しお野菜が臭くなってしまった時があったので、お野菜が最初から得意ではない方は
あまり入れない方が良いと思います。汁をしっかりきってからお野菜を入れるのがベストかなと感じました。

また、ジャガイモだけは単体で温められるのが良いかと思います。

他のお野菜は特段匂いが移らないのですが、ジャガイモだけは独特の土の匂いが他のお野菜に移っていました。

これが結構しつこく、その時の料理はあまり美味しくありませんでした。

こんな方におすすめです

私は、一人暮らしの時に、この方法を使っていました。

朝も早く夜帰るのもとても遅かった時に、ホッと心が温まりたい。リラックスしたい。そんな時、ポトフが無性に食べたかったのです。

疲れた体に鞭をうってお野菜を煮込んで時間をかけるという行為をどうしてもしたくなかった私ですが、電子レンジという魔法の機械を使えば時間短縮で作る事が出来ました。

毎日しなければならない事だからこそ、手抜きではなく要領を良くという風に考えてストレスにならない方法を見つけていきたいと考えています。

一つでも多く見つけることが出来たなら私たちの生活はもっと豊かなものになると思うからです。

もし宜しかったら実践して頂けたら幸いです。