つい高くなってしまう電気代の節約術!すぐできる3つの方法を紹介!


何でか知らないけど、毎月毎月電気代が高い気がする、誰しもそんな事を思ったことがあるでしょう。

少しでも安いほうがいい電気代、いくつかの節約術を使えば、目にみえて安くなっていくことうけあいです。それではひとつひとつ紹介していきましょう。

こたつを使わず、電気カーペットにする

寒い日は、暖かいこたつに体をうずめてしまいたい気持ちにかられることでしょう。しかしここで一工夫してみましょう。こたつの下に、電気カーペットを敷くのです。こたつの電源はコンセントごと抜いてしまいましょう。

電気カーペットはホームセンターなどで、安いものなら2000円弱で購入できます。高いものじゃなくていいです。ただこれだけで、電気代は少し安くなります。すぐにでも簡単に実践でき、効果もすぐ出ますし、暖かさもキープ。まずおすすめしたい節約術です。

古い家電製品は使わない

最近の家電製品は、電気代にも考慮したものが多く、省エネとうたっているものも数多くあります。それと対照的に、ひと昔前の家電製品は、あまりそういった事が考えられていませんでした。どちらかというと、よりその効力が高いものが売れていたからです。

つまり、古い家電製品を使っていると、それだけで電気代が高くなってしまう可能性が高いのです。冷蔵庫や洗濯機など、高いものはなかなか買い替えるのは難しいかもしれませんが、電子レンジや炊飯器、電気ジャー、テレビなど、単価が安いものは思い切って買い替えてしまいましょう。

一時的な出費になってしまうかもしれませんが、数か月で元がとれるくらい、電気代を節約する事が出来るでしょう。長い目で見ると、消費電力が大きく、つねに電源をつけっぱなしの冷蔵庫なども、買い替えてしまうのが理想です。

ゲーム機の使い方

ゲーム機は、実は思ったより電気を食うものだったりします。そのため、ゲームをする時間を減らすだけで、電気代が安くなるという事も十分あり得るのです。

楽しいからつい長い時間やってしまうその気持ちはわかりますが、そこはぐっと我慢をして、プレイ時間を減らすと、目に見えて電気代が変わってきます。

また、最近のゲーム機はスタンバイモードみたいなものがついています。ボタン一つですぐゲームに復帰できるという便利な機能ですが、スタンバイモード時でも電力を消費しています。ここはひとつ、そのモードをやめ、しっかりと電源を切ってみましょう。今まで消費されていたものが消費されないのですから、当然電気代も変わってきます。

まとめ

他にも色々節約術がありますが、それらに共通して言えるのが「使わない電気は全部消す」です。つい電源を入れっぱなしにしてしまう、テレビやパソコンのモニターも、ちゃんと電源を落としましょう。

他にもついつい電源を入れっぱなしにしてしまうものはたくさんあると思います。面倒だとは思いますが、それらをひとつひとつ消していけば、効果はしっかりあらわれますので、頑張ってみましょう。