忙しくて栄養が摂れないという方必見!味噌玉で簡単に栄養補給をしましょう。


一人暮らしの学生さんや、子育てをしながら働くワーキングママさんにおすすめの情報です。忙しいとついつい後回しになってしまいがちな毎日の食事。栄養を摂らないといけないことは頭ではわかっていても、バランスのとれた食事を毎回作ることはとても大変です。

特に仕事が忙しい人やまだ、家事に慣れていない一人暮らしの学生さんなどには栄養を考えた食事作りは困難なことも多いのではないでしょうか。短期間ならともかく長期間栄養に配慮しない食事をとり続けることは、将来的にも不安です。

そこで、そんな状況を打破できる(?)忙しくても簡単に栄養補給ができる味噌玉について紹介します!

味噌玉とはなんだろう?

味噌玉は、その名の通り味噌を丸めたものです。戦国時代から戦には、味噌を丸めたものを持っていき、お湯を注いで即席の味噌汁として兵士たちも食べていました。味噌には栄養が満点ですし、保存がきく食材だったので兵士の栄養補給にはもってこいだったのでしょう。

この味噌玉を応用することで、現代でも手軽に栄養たっぷりの味噌汁が簡単にできてしまうのです。

味噌玉のおすすめの作り方

休日など時間のある時に、一気に作ってしまうのがおすすめです。味噌はなんでも大丈夫です。

味噌1パックにだしの素、かつお節、乾燥わかめなどを混ぜ込み、一食分づつ小分けにしたら完成です。1食分づつラップに包んで冷凍保存すると長持ちしますよ。

1食の目安は大匙一杯分くらいですが好みに応じて増減してください。750グラムの味噌1パックで大体30~35食分くらいできます。一人暮らしだと一日一回使用したとしても一か月もちます。

また、味噌は冷凍することで保存がきくだけでなく風味も落ちないので、おすすめの保存方法です。

味噌玉におすすめの具材

味噌玉には乾物であれば何でも混ぜ込むことができます。定番の乾燥わかめの他にも、麩や乾燥小松菜、ゴマなどもおすすめです。

ちょっと変わったところでは、アーモンドやクルミなどのナッツ類も意外と味噌と合っておいしいですよ。

色々な味を試せるところも味噌玉の魅力です。

こんな時におすすめ、味噌玉の活用方法

味噌玉はを冷凍庫から取り出し、お湯を注ぐだけで簡単にお味噌汁が出来上がります。朝の忙しい時間や、夕食に何か一品増やしたい時、味噌玉が大活躍します。食事時間が異なる家庭でもお湯を注ぐだけなのでおすすめですね。

また、二日酔いの時にも味噌汁は効果てきめんです。ですが、二日酔いの体で味噌汁を作ろうとはなかなか思えません。ですが味噌玉があればお湯を注ぐだけなのでとても助かります。

味噌玉だけでなく、ご飯も冷凍で時短!

味噌だけでなく、白ご飯も時間のある時にまとめて炊いて小分けして冷凍しておけば、調理時間が時短できます。冷凍した白ご飯をレンジでチンして味噌玉にお湯を注げばあっという間にご飯と味噌汁ができます。

おかずは、スーパーで買ってきた総菜でもご飯と味噌汁があればきちんとした食事に見えてしまいます。もちろん味噌汁にたくさん具材を入れておけばそれだけで栄養バランスもばっちりですよ。

忙しい人や家事に不慣れだけど栄養はちゃんととりたい!という人におすすめの味噌玉。ぜひ、挑戦してみてくださいね。