少しの知恵でお風呂の入浴タイムを楽しむ二つの方法!(手作り入浴剤とシャワーヘッドのお手入れ方法)


私は生活の中の知恵は近所で暮らす、祖母や母から知恵をもらって工夫をする様にしています。

家事は毎日のことなので、なるべく楽で、なるべくお金も時間もかけずに出来る事が理想としていますが、今回は私が実践している入浴に関しての工夫を簡単にレポしたいと思います。

うちの家族はほぼ毎日入浴をします。ちなみに、私も入浴は毎日したい派です。暑い夏でも浴槽に湯を張って一日の汗を流したいと思うので、年間を通じて浴槽に浸かります。

そんな入浴ですが、少しでも楽しくなると嬉しいですよね。そこで、少しの工夫で入浴を楽しくする為に私がしている事を紹介したいと思います!

柑橘系の皮は綺麗に洗って天日干しにして入浴剤代わり!

まず、家の家族は全員がフルーツ好きなのですは、年間を通じて一番食べるのはグレープフルーツやオレンジ、また冬場にはみかん。そして柚子などをドレッシングに入れたりもしています。

年中、柑橘系の皮がゴミとして出るので、そのゴミとして出る柑橘系の皮を入浴剤として使っています。

作り方は簡単です。

  1. 果肉を楽しんだ後の皮をもう一度綺麗に洗います。
  2. 付近で水気を取ったら、夏場なら丸1日、冬場なら丸2日、洗った皮を天日干しにします。
  3. 皮は半分以下の大きさに小さくなりますが、天日干しをした皮を乾燥剤を入れた瓶の中に入れて保存します。
  4. ある程度の量が溜まったら、百円均一などで購入できる、洗濯物を入れて洗うネットの小さいなサイズ(なるべく目が細かいもの)を購入して、その中に乾燥した柑橘系の皮を入れます。

湯を張る時に予め入れておくと、入浴時には浴室がほんのり柑橘系の香りになって、湯も自然の入浴剤として楽しめます。香料なども使っていないので、老若男女楽しめる入浴剤になるます。

私は布を購入して、フルーツの皮の入浴剤を入れて可愛いリボンで口を縛り、親戚などにプレゼントする事もあります。

気を使わせないプレゼントなので大変喜ばれています。

○シャワーヘッドの詰まりが気になる場合の対処法

シャワーは家族全員が毎日365日使うので、たまに水圧が弱くなったり、汚れが出てくることがあります。そんな時には簡単お手入れ方法であっと言う間にシャワーヘッドの詰まりもとれて、とても清潔に使えます。

その方法は、バケツに湯を張り(40~43度程度)その中にお酢を1カップ入れます。

お酢入りのバケツの中にシャワーヘッドを入れて暫く放置します。私は1時程度を目安にしています。

その後はシャワーを出して、シャワーヘッドのゴミが綺麗に取れたら、またシャワーの水圧も戻り、汚れも綺麗に取り除けます。薬品を使わないので、シャワーからの水が口に入ったりしてもとても安心です。

さいごに

私はこの二つの方法を使って、入浴を快適に楽しんでいます。

お金も手間もかからず、簡単にできることなので、どなたかの参考になれば嬉しいです。

毎日の入浴がこれまで以上に楽しくなると思います。